Clipkit® Support

Clipkitに関する情報・よくあるご質問は
こちらでご確認いただけます。

その他

2022.04.28公開
2022.04.28更新

GTMでClipkit for ECのカートクリックを計測するタグを設置する手順

アカウントを選択しましょう

GTMのトップページにアカウント一覧が表示されています。
今回カートクリックを計測したいアカウントをクリックしましょう。

組み込み変数を追加しましょう

左のメニューから変数を選択します。

組み込み変数の設定画面が表示されますので、設定をクリックすると下の画面が表示されます。

・Click Element
・Click ID
・Click Text
・Click URL
・Page URL

以上の項目にチェックをつけましょう。

ユーザー定義変数を新規作成しましょう - カートボタン編

次にユーザー定義変数を作成します。「新規」をクリックして作成しましょう。
変数タイプを選択して設定を開始します。

変数のタイプをページ要素から【DOM要素】を選択して、以下の設定を進めてください。

選択方法:CSSセレクタ
要素セレクタ:.js-item-shopify__cartin-btn
属性名:data-item-title
ここまで設定できたら、保存を選択し完了です。

※ 要素セレクタ、属性名は、サイトにより変わる可能性があります。

ユーザー定義変数を新規作成しましょう - 今すぐ購入する編

カートボタン編と同じ手順で、「今すぐ購入する」の計測も設定します。

変数のタイプをページ要素から【DOM要素】を選択して、以下の設定を進めてください。

選択方法:CSSセレクタ
要素セレクタ:.js-item-shopify__checkout-btn
属性名:data-item-title
ここまで設定できたら、保存を選択し完了です。

※ 要素セレクタ、属性名は、サイトにより変わる可能性があります。

トリガーを新規作成しましょう - カートボタン編

次に、トリガーを設定します。左のメニューよりトリガーを選択します。
下の画面が表示されますので、新規をクリックしましょう。

トリガーの設定画面に進みますので、鉛筆のマークを選択してください。

トリガーのタイプをクリックから【すべての要素】を選択し、以下の設定をしてください。
トリガーの発生場所:一部のクリック
トリガー配信:以下を選択
・Click Element
・CSSセレクタに一致する
・.js-item-shopify__cartin-btn
ここまで設定できたら、保存をクリックし完了です。

※ 要素セレクタ、属性名は、サイトにより変わる可能性があります。

トリガーを新規作成しましょう - 今すぐ購入する編

カートボタン編と同じ手順で、「今すぐ購入する」の計測も設定します。

トリガーのタイプをクリックから【すべての要素】を選択し、以下の設定をしてください。
トリガーの発生場所:一部のクリック
トリガー配信:以下を選択
・Click Element
・CSSセレクタに一致する
・.js-item-shopify__cartin-btn
ここまで設定できたら、保存をクリックし完了です。

※ 要素セレクタ、属性名は、サイトにより変わる可能性があります。

タグを新規作成しましょう - カートボタン+購入ボタン

新規をクリックして作成します。

以下の通り設定を進めましょう。

タグの接続:ユニバーサルアナリティクス
カテゴリ:カートに入れる(任意の言葉)
アクション:{{Page URL}}
ラベル:{{カートボタン計測}}※1
非インタラクションヒット:真
Googleアナリティクス:GA計測変数※2
トリガー:カートボタン登録※3
ここまで設定できたら保存を選択し、完了です。

※1:変数で作ったカート計測変数
※2:変数で作ったGA計測変数
※3:トリガーで作成したもの

これで設定は完了です。

設定が完了した状態

設定が完了すると、Googleアナリティクス(GA)では、このように計測されます。