Owned Media Lab.

ウェブサイトの作り方|初心者でもわかる作成方法やポイント、注意点を紹介

ウェブサイトの作り方|初心者でもわかる作成方法やポイント、注意点を紹介

ウェブサイトの作り方は、自分でいちから作成する、有料ソフトを使って作成する、無料のソフトを使って作成する、CMSを利用して作成する、プロに依頼して作成してもらうの5つの方法があります。本記事では、ウェブサイト作成の場合に必要な準備や作成方法、ポイント、注意点などを紹介します。

ウェブサイトを作る前に知っておきたい基礎知識

勉強する人達

勉強する人達

ウェブサイトを作成する前に簡単にウェブサイトとはに加えて、閲覧できる仕組みなどの基礎知識を身につけておきましょう。

ウェブサイトとは

ウェブサイトとは、インターネット上のサイトを構成する1つのまとまりの事で、最初のページをトップページ、その他のページをウェブページと言います。最近はウェブサイトと言われることがポピュラーですが、ホームページと言われることもあります。

ウェブサイトが閲覧できる仕組み

ユーザーがウェブサイトを見るには、ユーザーがブラウザを使いURLにアクセスし、インターネット上のサーバーかウェブサイトが特定されます。その後、ウェブサイトがユーザーのパソコンに向けてHTMLや画像などを送信。送信されたHTMLや画像などをウェブブラウザが解釈してパソコンに画面を表示するのが一連の流れです。

ウェブサイトを作るときに必要なもの

必要なものチェックリスト

必要なものチェックリスト

ウェブサイトの基礎知識について知ったら、いよいよウェブサイトの作成です。ウェブサイトを作成する前に、準備しておきたいものがあります。準備するものは以下の2点です。

ドメインを取得する

ウェブサイトを作成するならまずはドメインを取得する必要があります。ドメインとは、インターネット上でコンピューターやネットワークを識別する情報のこと。簡単にいえば、ネット上の住所です。

サーバーを契約する

ドメインを取得したら、次はサーバーを契約しましょう。サーバーとは、ウェブサイトで作成したデータを置く場所のことで、ドメインが住所ならサーバーは土地や家にあたります。
ウェブサイトを作成するなら、どちらも必要不可欠なので準備しておいてください。

ウェブサイトを作成する5つの方法

PCでウェブサイト作成中

PCでウェブサイト作成中

ウェブサイト作成の準備が整ったら、ウェブサイトの作成方法を決めましょう。ウェブサイトの作成方法は5つあるので順番に紹介します。

自分で1から作成する

自分で1から作成する方法は、自由度が高いので自分でカスタマイズしたい人にはおすすめです。自分でHTMLとCSSを作成する方法もありますが、初心者には難しすぎるのでおすすめしません。

無料のソフトを使って作成する

お金をかけずにウェブサイトを作りたい人におすすめなのは無料ソフトを使う方法です。無料ソフトには、Microsoft Expression Web 4、alphaEDIT、Homepage Managerなどがあります。おすすめはMicrosoft Expression Web 4。ワープロ感覚でウェブサイトを作成できるので、比較的簡単にウェブサイトを作成できます。しかし、無料ソフトは機能が少ない、サービス体制が整っていない、サービスが終了してウェブサイトが消えてしまうというデメリットもあるので覚えておきましょう。

有料ソフトを使って作成する

初期投資してもクオリティーの高いウェブサイトを作りたい人には市販の有料ソフトを使って作成するのがおすすめです。市販の有料ソフトは、ホームページビルダーやドリームウィーバーなど複数あります。そのなかでも、比較的安価で作成が簡単にできるホームページビルダーがおすすめです。テンプレートを選んで文章を作成するだけでウェブサイトができます。
有料ソフトでも使いこなすにはある程度知識が必要なので、初心者は使い慣れるまで時間がかかってしまう場合も。選ぶ際には操作方法も確認しておきましょう。

CMSを利用して作成する

CMSとはContents Management System(コンテンツ・マネジメント・システム)のこと。有名なものならWordPress、その他Movable Type、とりあえずHPなどがあります。CMSはテンプレートを使って簡単にウェブサイトが作成できるので、特別な知識がなくても使いこなせる点が一番のメリットです。また、オンライン上で作業するので、ウェブサイトが出来上がったらそのままネット上に公開することができます。
初心者にはおすすめなのは、WordPressです。世界的に利用されていて利用数も多いため、ネット上で作成方法などの情報収集ができるのも利点と言えるでしょう。

プロに依頼して作成してもらう

パソコンの使い方がよくわからない、専門用語を並べられても理解できない、作成してみたけどウェブサイトの中身を作成するのが難しいという場合もあるでしょう。そんな方はプロに任せるのがおすすめ。クオリティの高いウェブサイトを短時間で作ることができます。お値段は依頼内容によって変わってくるので下調べが必要です。

ウェブサイトを作るときのポイントとコツ

ポイントの文字

ポイントの文字

ウェブサイトの作成方法が決まったら、作り方のポイントとコツを紹介していきます。

サイトに必要な項目を考える

まずは、サイトに必要な項目を考えましょう。トップページ(HOME)はどのウェブサイトにも必要なコンテンツ。トップページはLP(ランディングページ)と呼ぶこともあります。その他、企業ウェブサイトであれば、サービス(事業内容)、製品情報、会社情報(プロフィール)、代表者挨拶、Q&A、お客様の声、お問い合わせなどが必要です。
作成したいウェブサイトの用途によって、必要なコンテンツをはじめに考えて構成するとより良いウェブサイトができるので、まずはここから取り組んでください。

写真・イラスト素材サイトを活用する

自身のウェブサイトにあった画像を探すのは、かなり時間がかかる作業です。また、商用となると著作権もあるので注意する必要があります。オウンドメディアではshutterstockや写真ACをよく使っており、どちらも商用利用可能です。shutterstockは月々料金が発生しますが、高品質・広範囲の資料シーンの素材が揃っています。

SEOを意識する

ウェブサイト内で集客・販売などをしたいのであれば、SEOを意識しなければウェブサイトの閲覧数を増やすことはできません。SEOを意識するとユーザーにとって質の良い情報を提供するサイトと評価され、検索されやすくなるので閲覧数は格段にアップします。
SEOを意識する第一歩として、まずはホームページの目的、ターゲット、そのターゲットに向けたコンテンツを作成しましょう。私が担当しているオウンドメディアでは、ペルソナ(人物像をリアルに設定するもの)を設定し、設定したペルソナが求めている情報を顕在ニーズと潜在ニーズに分けて考え出し、それに基づいて記事を作っています。

ウェブサイトを作るときの注意点

注意を促すマーク

注意を促すマーク

最後にウェブサイトを作る時の注意点を紹介します。

デザインにこだわりすぎない

ウェブサイトにアクセスしてもらい、商品を買ったり、資料請求したりユーザーに何かアクションを起こして欲しい場合、デザインよりもユーザーが求める情報を提供することに力を入れた方が良いです。デザインは、お客さんが商品を購入したり、資料請求したりなどのコンバージョン率とは関係ありません。ホームページの見た目が良いからではユーザーは商品を購入しないので、魅力的なコンテンツを作ることを第一優先に考えてください。

無料のサーバーは制限が多い

無料のサーバーは容量、利用できるドメイン数などの制限が多いことがデメリットです。サーバーの容量が小さいと、データが保存できなかったり、サイトに不具合が生じたりします。また利用できるドメイン数に制限があると、ドメインを分割してサイトを分けたい場合にサイト数が制限されてしまうことも。それだけでなく、サポート体制が不十分なのでトラブルが発生した場合、自分で対応しなければなりません。無料のサーバーを検討している人はこれらのデメリットも知っておきましょう。

SEO業者に依頼する場合は慎重に

SEOについてよくわからない、短期で集客したいなど、より多くの人にウェブサイトを見て欲しいのであれば、SEOに強い業者に依頼するのもおすすめです。しかし、途中解約ができない、高額すぎるなどさまざまな問題も浮かび上がってきます。そのため、制作会社選びは慎重に検討しましょう。
集客やオウンドメディアで自社の商品を発信したい場合はClipkit®(クリップキット)がおすすめです。オウンドメディアとはウェブマガジンのように、企業が生活者に向けて役立つ情報を発信する媒体のことを言います。クリップキットはこれまで、数多くのオウンドメディアを手がけてきました。SEOを考えた記事の作成、デザインの選択、サイトの分析までしてくれるので集客や商品を売りたい、PV数を増やしたい人にはぴったりのサービスです。安価なお手軽スタートプランからあるので、お試しで依頼してみるのも良いかもしれません。ぜひチェックしてみてください。

ウェブサイトの作り方が分かったら、実際に作成してみよう

ウェブサイトを作成する男性

ウェブサイトを作成する男性

ウェブサイト作成は、初心者にとって難しい話かもしれません。しかし、ひとつずつ理解し作成していくことで、初心者でも自分の力でウェブサイトを作ることができます。今回紹介した方法の中で、自分に合う作成方法を探し、目的にあったウェブサイトを作成してみてください。
 (861)

しまち
スマートメディア CMS事業部ライティングディレクター
コンテンツマーケティングのためのメディアサイト構築をライティングディレクターとして支える。担当する企業は美容系、恋愛系などのSEO記事。これまで、ファッション・芸能・お酒など多くのメディアに携わってきた。現在、0歳と3歳の育児に奮闘中。食べることが大好きで、日々美味しいラーメン屋を探索中。
1 件

関連するオウンドメディアLab

オーガニック検索とは?上位表示されるメリット、サイトの流入を増やす方法を解説

オーガニック検索とは?上位表示されるメリット、サイトの流入を増やす方法を解説

【SEO強化】リライトの意味とは。効果的なコンテンツの選び方や手順を公開

【SEO強化】リライトの意味とは。効果的なコンテンツの選び方や手順を公開

ロングテールキーワードはSEOに効果的。選び方やメリット・デメリットを解説

ロングテールキーワードはSEOに効果的。選び方やメリット・デメリットを解説

【初心者でも分かる】ネットショップを開業する流れ。成功に近づくコツも紹介

【初心者でも分かる】ネットショップを開業する流れ。成功に近づくコツも紹介