Owned Media Lab.

CMSの活用方法。企業ホームページへの導入メリットとおすすめツールを紹介

CMSの活用方法。企業ホームページへの導入メリットとおすすめツールを紹介

CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)は、ウェブサイトのデータをまとめて保存・管理し、手軽にウェブサイトの作成や管理ができるシステムです。この記事では、CMSとは何か、導入のメリットや選び方、おすすめのCMSを紹介します。あわせてサイト運用に大切なSEOについても解説します。

WEBサイトがうつったPCの画像

WEBサイトがうつったPCの画像

CMSとはウェブサイトを作成・管理するシステム

CMSとは、"Contents Management System"の略称です。日本語では「コンテンツ管理システム」と呼ばれ、専門知識なしでウェブサイトの制作や管理・更新ができるシステムの総称です。
従来、ウェブサイトの構築には、HTMLやCSSのコーディングなどのスキルが必要でした。CMSを使えば、Wordのような使用イメージで管理画面から画像やテキストを入力してウェブサイトを作成できます。

CMS導入のメリットとは

CMS解説図

CMS解説図

CMSを導入することで、専門知識がなくても手軽に自社サイトを作成・運営できます。ここではCMS導入のメリットを紹介します。

専門知識なしでサイト構築ができる

CMS導入の一番のメリットは、ウェブブラウザ上で直接テキスト入力や画像をアップロードして簡単にサイトの構築、更新できることです。HTMLやCSSといった専門知識が不要なので、初めての人でもサイト管理ができます。

ネットワーク上で更新するので端末を選ばない

サイトに関するデータは、サーバーで一元管理します。インターネットにつなげば、スマホやタブレット、PCなど端末を問わずにブラウザから編集できるのもメリットの一つです。

導入や運用のコストが安い

コストをかけずに済むのも大きなメリットです。CMSを利用して自社内でサイト作成すれば、外注により発生するコストや工数を大きく削減できます。無償公開のCMSを使えば、かかるのはサーバー代のみです。

マルチデバイスに対応しやすい

必要なデータはデータベース上に一元管理し、閲覧デバイスに対応したテンプレートに適用されます。
画像やテキストデータのセットを元に、PCからのアクセスにはPC用テンプレートで生成されたWebページ、スマホからのアクセスにはスマホ用テンプレートで生成されたWebページというように、自動的に表示する仕組みを構築できるのが魅力なのです。

検索エンジンの評価を上げやすい

CMSで制作したウェブページは、検索エンジンに好まれるコードで構成されるのも大きなメリット。
スマホ未対応のウェブサイトは、検索エンジンの評価を下げますが、前述のようにCMSで作成したサイトはマルチデバイスに対応しやすいのです。
他にも、ページメニュー、パンくずリスト、サイトマップなど、内部リンクを自動的に整えて内部SEOを強化します。

CMSの選び方

サイトを運用する女性

サイトを運用する女性

一口にCMSと言っても、さまざまな種類のCMSが提供されています。ここでは、CMSを選ぶ時に気を付けるべきポイントを紹介します。

サイトの目的を明確にする

最初に、サイトを立ち上げる目的を明確にしましょう。
CMSごとに特徴があります。例えば、更新頻度が高い場合はブログ機能が充実しているCMS、SNSでコンテンツの拡散を計画している場合はソーシャル連携機能が充実しているCMSなどがおすすめです。
サイトの目的、コンテンツ更新の頻度や重視する点など、目標設定を適切に行なえば、CMS選びがスムーズになります。

使いやすさや運用しやすさを確認する

サイト作成後の運用と保守体制も考慮しておきましょう。
運用担当者が複数いる場合、知識や経験の差が出ます。CMSの機能がそのような管理体制と合うかを確認してください。使いやすさや、更新作業の手順が理解しやすいかなども大切です。

CMSベンダーのサポートやセキュリティを確認する

最後に、CMSベンダー側のサポート体制も確認しましょう。セキュリティ管理や障害に関して、どの程度サポートを受けられるかも大切です。
自社の機密情報や顧客情報を取り扱う場合は、特にセキュリティが重要です。セキュリティが強固か、対策が十分にとれる運用体制かなど、データベース連携も考慮してCMSを選定してください。

CMSの種類と特徴

インターネットの操作

インターネットの操作

オープンソース型CMS

ソースコードが一般公開されているCMSです。誰でも自由に利用や修正、頒布可能。小規模サイト向けです。
以下のようなメリットとデメリットがあります。
<メリット>
・ライセンス費用がかからないためコストを抑えられる
・カスタマイズの自由度が高い
・プラグイン(拡張機能)が豊富
・バージョンアップのサイクルが早い

<デメリット>
・ベンダーからのサポートがない。
・脆弱性などを狙った攻撃によるセキュリティリスクがある

代表的な製品は、圧倒的なシェアを誇るWordPressです。

商用パッケージ型CMS

システムベンダーが商品として販売しているCMSのことです。中~大規模サイト向けです。
オープンソース型に比べてコストはかかりますが、ベンダーによる保証があるので安全性は高くなります。

<メリット>
 ベンダーによる公式なサポートがある
 不具合、脆弱性などに対する保証がある

<デメリット>
 オープンソースCMSに比べてコストがかかる(ライセンス費用など)

代表的な製品は、NOREN, HeartCore, Adobe Experience Manager などです。

SaaS型CMS

SaaSはSoftware as a Serviceの略。SaaS型CMSとは、CMSベンダーが管理するサーバーにシステムやデータを保管し、インターネット経由で利用するCMSのことです。

サーバーが用意されていますので、サーバーの準備やソフトウェア設定が不要です。導入期間や導入コストがあまりかかりません。利用料が月額や従量課金制で、ランニングコストも安価です。

クリップキットは、SEOに最適化したSaaS型CMSです。
月額制でかかる費用が明確で、アクセス解析なども充実。マーケティング目的のオウンドメディア、ブランディング目的のコーポレートサイトに利用できます。
シンプルな機能の低価格プランから、記事作成を任せるプランまで目的に応じて選択できるのも魅力です。

CMSの選び方とあわせて、SEOの基礎知識もおさえましょう!

SEOの説明図

SEOの説明図

サイトを運営していく上では、CMS選びも重要ですが、Googleなどの検索結果に上位表示させるためのSEO施策に関する基礎知識をつけておくことも大切です。

SEOとは

SEO (Search Engine Optimization) とは、検索エンジン最適化を意味します。検索エンジンに対してWebページの評価を上げ、上位表示を目指して最適化させることです。

SEOの重要性

EO強化で検索結果で上位表示されやすくなります。自社サイトを検索ページの上位表示させることで、自社のブランドや商品、サービスを探している人に自社サイトを見つけてもらいやすくなるのです。

SEO強化

SEOを強化するには、検索キーワードを選定し、サイト内部のコンテンツを充実させ、タイトルや内部リンクを最適化することが必要です。

まずは、適切な検索キーワードが大切です。ユーザーはどのようなキーワードで検索するかを調査し、ニーズを把握して検索キーワードを選定します。
次に、検索キーワードを基にサイト内部のコンテンツを充実させましょう。今の検索エンジンは、コンテンツの新しさ、検索キーワードの出現回数、ページのユーザーエクスペリエンスの質といったWebサイトのコンテンツの質を重視します。
タイトルや内部リンクを最適化することも重要です。検索を狙うキーワードをタイトルや見出しの前半に入れます。適切なタグを使用したり、内部リンクを設定したりして最適化していきましょう。

CMSで戦略的にウェブサイトを運営しよう

CMSを導入することで、初めての方でも自社にあったウェブサイト作成や運用・管理ができます。さらに、内部リンクを強化できるため、SEOに強い構造にできます。SEO強化のための煩雑な設定がいりません。CMSを導入して戦略的にウェブサイトを運営しませんか。
まつだゆき

まつだゆき

スマートメディア CMS事業部ライティングディレクター。コンテンツマーケティングのためのメディアサイト構築をライティングディレクターとして支える。担当する企業は冠婚葬祭系などのSEO記事。元SE。顧客サポートやマニュアル作成の経験を活かして分りやすい記事を目指す。
1 件

関連するオウンドメディアLab

インスタグラムをウェブサイトに埋め込みたい!基本から応用まで分かりやすく解説

インスタグラムをウェブサイトに埋め込みたい!基本から応用まで分かりやすく解説

デザインツールCanvaの使い方。初心者でもアイキャッチ画像を作成できる

デザインツールCanvaの使い方。初心者でもアイキャッチ画像を作成できる

サイトリニューアルの手順を解説。コンテンツ制作を任せられるサービスも

サイトリニューアルの手順を解説。コンテンツ制作を任せられるサービスも

ウェブサイトの作り方|初心者でもわかる作成方法やポイント、注意点を紹介

ウェブサイトの作り方|初心者でもわかる作成方法やポイント、注意点を紹介