Owned Media Lab.

【入門編】オウンドメディアの意味や目的とは?疑問を初心者にも分かりやすく解説

【入門編】オウンドメディアの意味や目的とは?疑問を初心者にも分かりやすく解説

情報化が進んでいる現代社会において、オウンドメディアを運営する企業が増加中です。オウンドメディアを運営し、目的を達成するためにはまず「オウンドメディアとは」を正しく理解することが大切。こちらの記事では、オウンドメディアの意味や目的とともに、運営するメリットをインターネットに詳しくない人でも分かりやすく解説します。

そもそもオウンドメディアとは?

キーボードを打つ女性

キーボードを打つ女性

インターネット上にはさまざまなカタカナ語が並んでいます。今回のテーマである“オウンドメディア”もそのうちの1つ。まずは、オウンドメディアという言葉の意味と定義を紐解いていきましょう。

意味

オウンドメディアは英語で「Owned Media」と記します。「Owned(オウンド)」は「所有する」、「Media(メディア)」は「情報伝達媒体」という意味。つまり、オウンドメディアは「自社で所有するメディア」という意味です。

定義

広義ではコーポレートサイト(=企業の公式HP)やECサイト、社内報、Twitterアカウントなど、自分達の会社で運営する何らかのサイトはすべてオウンドメディアと言えます。しかし狭義で言うと、企業が運営するブログやウェブマガジンを指すのが一般的なようです。

オウンドメディアの主な目的

日が差すオフィス

日が差すオフィス

オウンドメディアを運営する目的は企業によって異なりますが、共通しているものがあります。こちらでは、主な目的を2つ紹介します。

1.潜在顧客との接点をつくること

多くの企業にとって「新しい顧客を開拓する」ことは、売上を伸ばしていく上でとても重要なミッションです。そのため一般的なオウンドメディアでは、自分達のサービスや商品について全く知らない消費者に、自分達のことを知ってもらうことを目的としています。

2.企業や製品をさらに好きになってもらう

オウンドメディアで製品やサービス、ブランドに込める想いを紹介することで、ブランド力を向上させたり、世界観を世間に広めたりできます。

情報を発信し続け、潜在顧客や見込み客を顧客に変えていくのもオウンドメディアの目的の1つです。何度もオウンドメディアを訪れるうちに、顧客自身もブランドや製品に愛着が湧くようになるもの。そして、ゆくゆくは顧客に購入をリピートしてもらうのです。

オウンドメディアを運営するメリット

グラフが写るノートパソコン

グラフが写るノートパソコン

多くの企業がオウンドメディアを運営しているのは、それだけメリットがあると感じているから。こちらではオウンドメディアを運営するメリットをピックアップして紹介します。

広告効果がアップする

最近はスマートフォンの普及とSNSの流行で情報量が増加し、消費者主導の情報流通が一般化しました。そのため、従来のような一方通行型の広告では消費者に届かなくなっているのが実情です。

そこで注目を浴びているのがオウンドメディア。企業自らが発信する内容をコントロールできる点に加え、顧客との関係性を構築できるところが評価されています。消費者が求める内容を発信することで多くの人の目に留まるようになれば、広告効果は自ずとアップしていくでしょう。

広告費用が抑えられる

一般的に、広告は配布・配信をやめると効果がなくなってしまいますが、オウンドメディアの場合はコンテンツが蓄積されていきます。SEOを意識したコンテンツを作り、配信した記事が増えれば増えるほど、求めている情報を検索した消費者がオウンドメディアに訪れやすくなります。つまり、過去に配信した記事も広告の一種になり得るのです。

離れた地域や海外もターゲットにできる

オウンドメディアはネット上で運営するため、離れた地域に住んでいる人や企業とも難なくつながれます。オウンドメディアをきっかけとして、地方の企業が東京の企業と取引をするようになった事例もあります。

さらに言えば、海外の人や企業もターゲットにすることが可能です。資金や人材、現地におけるパートナー企業の確保など、海外進出には高い壁が立ちはだかるものです。海外もターゲットにしたい場合は、オウンドメディアを多言語化しましょう。すると、製品やサービス内容はもちろんのこと、企業そのものの魅力も外国人へ明確に伝わります。

オウンドメディアの運営をする上で知っておきたいこと

ノートパソコンを操作する女性

ノートパソコンを操作する女性

オウンドメディアはメリットが豊富ですが、それを実感するには適切な運営が必要不可欠です。こちらでは、オウンドメディアを運営する上で知っておきたい2つのポイントを紹介します。

運営・情報発信を継続することが大切

オウンドメディアの運営では、記事などのコンテンツを作成するために時間がかかる他、成果を感じるまでにも少し時間を要します。

その理由は、検索結果の上位に表示されるよう、Googleからの評価を高くする必要があるからです。ちなみに、これを“SEO”と呼びます。上位に表示されるためには、記事の核となるキーワードをしっかり選定した上で、質の良いコンテンツをある程度蓄積させることが重要なため、結果が反映されるまで少し時間がかかるのです。

また、見込み顧客がオウンドメディアに頻繁に訪れるようになるには、充実した情報を発信し続けることが大切と言えます。運営を始めてすぐに効果を実感することは難しいかもしれないですが、コンテンツは企業の資産となる上に、適切な運営を継続することでターゲット層へ確実にアプローチできるのがオウンドメディアの強みです。

運営をプロに任せる方法もある

前述した通り、オウンドメディアの運営にはSEOが必要不可欠です。しかし、そのためにはある程度のノウハウが必要。その他、サイトの構築やコンテンツ作成の手間や時間もかかります。

これらすべてを自分達で行うのはなかなか難しいかもしれません。そんな時は、プロに外注する手もあります。外注の費用はかかりますが、エンジニアのサポートやデザイナーによるサイトデザイン、記事制作など、難しい分野の仕事を安心して頼めます。

オウンドメディアを始めるなら「Clipkit®(クリップキット)」で!

クリップキットのロゴ

クリップキットのロゴ

オウンドメディアの人気が高まるにつれ、運営を代行する企業も増加しています。しかし、企業によってサービスの質がまちまちなのは事実です。株式会社スマートメディアが手がける“クリップキット”は、オウンドメディアの立ち上げに必要なものが揃っています。

クリップキットとは?

クリップキットは、SaaS型のWEBサイトの構築ツール。エンジニアがいない企業でも、簡単にオウンドメディアを構築できます。サイトのメンテナンスやセキュリティ対策を任せられるだけでなく、サイト構築や運用に関する疑問についてもFAQサイトでサポートしています。

クリップキットの3つのプラン

クリップキットのプランは、目的に合わせて選べる3タイプです。

①お手軽スタートプラン
→自社でサイトの構築ができる&とにかく安く・早くCMSを使いたい企業向け
②機能充実プラン
→エンジニアのサポートが欲しい、サイト分析に力を入れたい企業向け
③プロフェッショナルプラン
→サイトの成長を効果的に行いたい、記事制作も任せたい企業向け

プロフェッショナルプランでできること

クリップキットの実例画像

クリップキットの実例画像

立ち上げ1年で50万PV達成の実績を持つプロの編集部が、お客様のサイトに合わせた最適なSEO記事制作を代行します。記事制作の際は、狙った顧客を継続的に獲得するために、検索結果の上位表示を狙うキーワードを選定するところから始めます。

次に、ターゲットの心理を分析した上で構成書を作成。それを基に記事を執筆し、センスの良い画像も設置します。また、効果の振り返りを毎月実施し、その結果を記事制作の要となるキーワード選定に活かしてサイトのさらなる繁栄につなげているのも特長です。

さらに、SNSを活用して単発的に集客を強化します。SNS上で記事が話題になることで、オウンドメディアへ訪れる顧客を増やすのが狙いです。狙った顧客に影響を与えるインフルエンサー記事や、プロのカメラマンがモデルを撮影するコスメ・ファッションの体験記事、信頼性が高い医師監修などの専門家記事といった、プレミアム記事を制作します。

オウンドメディアを成功させるためには、CMS選びも重要です。クリップキットなら、Googleを始めとする検索エンジンに評価されやすい構造のサイトが簡単に構築できます。文章や写真の見せ方にこだわりたい場合は、オリジナルデザインを作ることも可能です。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

製品の魅力を発信するにはオウンドメディアが最適

クリップキットの実例画像

クリップキットの実例画像

オウンドメディアは、適切に運営することで企業や製品の魅力を世間に広く伝えることが可能です。運営に自信がない場合はプロに依頼するなどして、オウンドメディアで魅力を発信してくださいね。
たかせ

たかせ

スマートメディア CMS事業部ライティングディレクター

コンテンツマーケティングのためのメディアサイト構築をライティングディレクターとして支える。担当する企業は葬儀社、コスメ・アクセサリーブランドなどのSEO記事。「読者の心に届く記事」をモットーに掲げる。
1 件

関連するオウンドメディアLab

オウンドメディアにおける「監修」とは?必要性と、監修者の見つけ方もチェック

オウンドメディアにおける「監修」とは?必要性と、監修者の見つけ方もチェック

ロングテールキーワードはSEOに効果的。選び方やメリット・デメリットを解説

ロングテールキーワードはSEOに効果的。選び方やメリット・デメリットを解説

デザインツールCanvaの使い方。初心者でもアイキャッチ画像を作成できる

デザインツールCanvaの使い方。初心者でもアイキャッチ画像を作成できる

大学もオウンドメディアを活用!SNSで学生の生の声を届ける『國學院大學メディア』をご紹介。

大学もオウンドメディアを活用!SNSで学生の生の声を届ける『國學院大學メディア』をご紹介。

SNSの種類とそれぞれの特徴とは。マーケティングに有効なSNSを見つけよう

SNSの種類とそれぞれの特徴とは。マーケティングに有効なSNSを見つけよう