Owned Media Lab.

初心者でも分かるSEOとは?外注やサイト制作に便利なCMSも紹介

初心者でも分かるSEOとは?外注やサイト制作に便利なCMSも紹介

SEOとは「Search Engine Optimization」の略称で、検索エンジンの最適化という意味。サイトを検索上位に表示させ、閲覧数を上げることを目的としてSEOが重視されることも多いです。本記事では、SEOについて解説するとともに、サイト立ち上げに便利なCMSやSEOの外注についても紹介します。

SEOとは

SEOのロゴに手をかざすスーツの男性

SEOのロゴに手をかざすスーツの男性

SEOとは、サイトを検索上位に表示させるための対策を指します。SEOという言葉を耳にしたことはあるものの、説明するとなると難しい人も少なくないはず。ここでは、SEOについて詳しく解説します。

SEOとはGoogleへの対策

日本でよく使用される検索エンジンといえば「Yahoo!」と「Google」。つまり、この2つの検索エンジンの対策を取れば、検索上位を狙えるということです。「Yahoo!」は「Google」の検索エンジンを利用しているため、実質SEOとは「Google」への対策と言えます。

SEOの目的

SEOの目的はサイトを多くの人に閲覧してもらい、Web集客から最終的にCV達成を目指すことです。CVとは転換を意味する「Conversion」のことで、潜在顧客から見込み顧客への転換を指します。例えば、ユーザーがサイト閲覧後にその会社の資料請求をするなどの行動に出れば、CV達成したと言えるでしょう。

SEOのメリット

SEOに取り組むことにより集客力アップが望めます。例えば、「CMS 料金」で検索している人は、CMSの料金の相場を調べていると予想できます。さらに予算内のCMSのサービスが見つかれば、契約したいと思っている可能性も高いです。

このキーワードで検索された時に、Googleの検索結果上位にあなたの記事が表示されれば集客のチャンス。その記事の中にCMSの定義や月額の相場、あなたの会社が提供するCMSの特徴や価格が魅力的に書かれていれば、その場でユーザーが資料請求する確率が高いからです。

このように、既に商品やサービスに興味を持っている人(潜在顧客)が自らの検索行動であなたのサイトに訪問し、購入につながりやすくなることがSEOのメリットです。また検索ページの上位に表示されれば、信頼度の高いサイトとして認識されやすく、ブランディング効果も得られます。

SEOのコンサルなど外部依頼を除けば費用がかからないのも利点です。ちなみに検索エンジンに上位表示してもらうリスティング広告という方法もありますが、こちらは広告費を支払う必要があります。

SEOのデメリット

SEOは記事作成などに手間がかかり、対策をとっても効果を得るまで時間が必要です。選定したキーワードによっては、検索上位を狙うのが難しい場合も。また不定期に行われる「Google」のアルゴリズム変更などによって、サイトの表示順が変わることもあります。

このようにSEOはリスティング広告に比べると手間や時間がかかりますが、成功すれば中長期的に安定した集客を望めます。

SEOのポイント

ノートに書かれたSEO関連のイラスト

ノートに書かれたSEO関連のイラスト

SEOの施策は大きく分けてキーワード選定、内部施策、外部施策の3つに分けられます。ここでは具体的にどのようなことを意識すれば良いか、施策のポイントを紹介します。  

キーワード選定をする

SEOにおいてキーワード選定はとても重要。検索の少ないキーワードは集客が望めず、検索の多いキーワードは競合が多く上位表示が難しいからです。「Google」が提供しているキーワードプランナーなどの検索ツールを利用し、ほど良い検索ボリュームのキーワードを狙うと良いでしょう。

検索意図を分かりやすくするため、「ダイエット メニュー」のようにキーワードを2種類以上の掛け合わせにするのもポイントです。自社サイトを閲覧しているユーザーが、どんなキーワードで辿り着いたのかも確認してみてください。  

キーワード選定が難しい場合は、プロを頼るのもおすすめです。Clipkit®(クリップキット)のプロフェッショナルプランでは、プロの編集部が記事制作をサポートします。弊社では、キーワードのボリュームが大・中・小とバランス良くなるように考慮し、後に内部リンクしやすいキーワードを選定。中・小のキーワードで上位を複数取り、大のキーワードにつなげる戦略をとっています。

例えば、化粧品会社の場合は「スキンケア(40,500KW)」というビッグワードでは競合が多く、このキーワードで1位を取るのは厳しいです。そのため、最初は「スキンケア 人気(4,400KW)」「スキンケア プレゼント(2,900KW)」「スキンケア やり方(1,600KW)」「スキンケア 30代(720KW)」など、キーワードのボリュームを見ながらバランス良く記事を作成し、内部リンクを強化していきます。そして、最終的にはもともと目指していた「スキンケア」で1位を取れるようにしていきます。

内部施策をする

内部施策とはサイト内部で行うSEOのことで、良質なコンテンツであると「Google」に伝えるための対策です。ユーザファーストを掲げる「Google」は、検索したキーワードとの関連性が高く、専門性の高いコンテンツを評価して上位表示する傾向にあります。そのため検索上位を狙うには、品質と情報量を意識したコンテンツを作ることが重要。

タイトルや「meta description(ページの概要文)」は選定したキーワードを含め、競合と比べて魅力的に見えるように設定します。内部リンクでコンテンツのテーマ性を関連付けするのもポイントです。その他には記事のカテゴリ分け、パンくずリスト(webページの上部に表示されるページリスト)の設置などをし、「Google」からの評価を高めましょう。

外部施策をする

外部施策とはサイト外で行うSEOのことで、具体的には被リンクに関する対策を指します。被リンクとは他のサイトに自社のサイトのリンクを貼られることです。被リンクされるサイトは、良質なコンテンツを持つサイトとして「Google」から評価を得やすい傾向にあります。

サイト内のどんなコンテンツが被リンクを受けやすいか解析すると対策しやすいでしょう。SNSでシェアしてもらうためのボタンを設置するのもおすすめです。

SEOに役立つCMS

PCとタブレットとスマホ

PCとタブレットとスマホ

自社サイトを立ち上げ、SEOを強化するならCMSが便利です。CMSとは「Contents Management System」の略称で、専門知識がなくても手軽にWebサイトの作成や管理ができるシステムのこと。ここではCMSを利用するメリットや選び方、おすすめのCMSを紹介します。

CMSのメリット

CMSはブログのような感覚で更新できるため、HTMLなどの専門言語を使ってサイトを構築する必要がありません。ネットワーク上でページを更新するため、端末を選ばずに記事作成ができます。

格安でWebサイト運営が可能でテンプレートのデザインを利用すれば、ユーザーからも見やすいサイトとなります。検索エンジンに好まれるコードが使用されており、SEOに強いのもメリット。スマホ対応しているCMSもあり、「Google」からの評価を上げやすいです。  

CMSの選び方

CMSを選ぶ際は自社サイトの目的をはっきりとさせ、必要な機能のあるCMSを選ぶのがポイントです。複数の人でCMSを利用する場合は、知識の差に関係なく全員が編集しやすいと感じ、運用できるものを選ぶと良いでしょう。また自社サイトを守るためにも、セキュリティの高いCMSを選ぶようにしてください。

おすすめのCMS Clipkit®(クリップキット)

CMS選びに迷うなら、クリップキットがおすすめです。オンラインサービス型の月額制CMSで、簡単に記事作成ができます。アクセス解析などの機能も充実。マーケティングを目的としたオウンドメディア、ブランディングを目的としたコーポレートサイトなどの利用に適しています。シンプルな機能の低価格プランから、記事作成をプロに任せるプランまで、目的に合わせて選べるも魅力です。

SEOの外注

PCを操作する手

PCを操作する手

自社でサイト運営を始めたものの、なかなか上手くいかない場合もあります。打開策として、専門知識のあるSEO会社に外注するという方法も。ここでは、SEOを外注する際のメリットや会社選びについて紹介します。

SEOを外注するメリット

SEOの専門知識のある会社に任せることで、CV数やPV数を上げやすくなります。「Google」のアルゴリズム変更などにもアンテナをしっかりと張っているため、検索順位をキープしやすいのもメリット。サイト順位の変動への対策や、「Google」からのペナルティへの対応も迅速です。

SEOを依頼する会社の選び方

SEOを専門とする会社は多数あるため、優良な会社を選ぶことが大切です。的確なターゲットユーザーを設定する、自社サイトと競合サイトを比べて差別化するなど、具体的に行うSEOについて提示してくれる会社は信頼できます。なかには被リンクや外部リンクを無理に集めるなど、「Google」のアルゴリズムの穴をつくような対策をとる会社もあるので注意。

外注先に迷うなら、クリップキットのプロフェッショナルプランもおすすめです。立ち上げ1年で50万PV達成の実績を持つ、プロの編集部がサイト制作をサポートします。写真や文章の見せ方にこだわりがある場合は、オリジナルデザインのサイトをオーダーすることも可能です。

日本酒・久保田をもっと楽しむWEBマガジン「KUBOTAYA」、賢くオシャレになれるブランドマガジン「KOMERU」など、さまざまなサイトを立ち上げた実績があるので安心して任せられるでしょう。

SEOを意識して良質なコンテンツを作ろう

検索バーと会議の様子

検索バーと会議の様子

SEOはサイトの集客数をアップさせるために欠かせないもの。SEOを意識しながら良質なコンテンツを作成すれば、成果も得やすいでしょう。時間や手間を抑えたい場合は、便利なCMSの導入や外注するのも検討してみてください。
 (240)

pinoco
スマートメディア CMS事業部ライティングディレクター

コンテンツマーケティングのためのメディアサイト構築をライティングディレクターとして支える。担当する企業はコスメブランド、ジュエリーブランドなどのSEO記事。読む人にとって分かりやすく、親切な記事を目指します。小学生の娘・息子のママと仕事の両立に日々奔走。
1 件

関連するオウンドメディアLab

CMSの活用方法。企業ホームページへの導入メリットとおすすめツールを紹介

CMSの活用方法。企業ホームページへの導入メリットとおすすめツールを紹介

ウェブサイトの作り方|初心者でもわかる作成方法やポイント、注意点を紹介

ウェブサイトの作り方|初心者でもわかる作成方法やポイント、注意点を紹介

【入門編】オウンドメディアの意味や目的とは?疑問を初心者にも分かりやすく解説

【入門編】オウンドメディアの意味や目的とは?疑問を初心者にも分かりやすく解説