Owned Media Lab.

コンバージョンとは|基礎知識から数値を上げる方法まで分かりやすく解説

コンバージョンとは|基礎知識から数値を上げる方法まで分かりやすく解説

ウェブマーケティングにおけるコンバージョン(CV)とは、ユーザーが目標とするアクションを起こしてくれた状態のこと。コンバージョンはさらに、直接コンバージョン、間接コンバージョンなどと細かく分類されます。本記事ではコンバージョンとはの基礎知識から、コンバージョン率(CVR)の計算方法、数値を上げる方法などを解説します。

ウェブマーケティングにおけるコンバージョンとは

ノートパソコンとスマートフォン

ノートパソコンとスマートフォン

コンバージョンとは、英単語では「変換、転換、交換」を意味します。ここでは、ウェブマーケティングにおけるコンバージョン(CV)の意味と内容について解説しましょう。

コンバージョンとはウェブ上で獲得できる成果のこと

ウェブマーケティングにおけるコンバージョンとは、ウェブ上で獲得できる成果のことを指します。つまり、ユーザーがウェブ管理者の目標とするアクションを起こしてくれた状態のことを言います。

目標によってコンバージョンの内容はさまざま

コンバージョンは何を最終目標とするかで変わってくるので、意味や内容はさまざまです。例えば、ECサイトなら商品の購入数、情報サイトなら会員登録など。コンバージョンは、ウェブサイトの目標がどれだけ達成しているのかを客観的に評価できる指標となります。

コンバージョンの種類について

コンバージョン率を確認する人

コンバージョン率を確認する人

コンバージョンには直接コンバージョン、間接コンバージョン、総コンバージョン、ユニークコンバージョンなどがあります。それぞれについて順に解説していきます。

直接コンバージョン:ユーザーが来訪後アクションした数

直接コンバージョンとは、ユーザーが広告をクリックしてウェブサイトに来訪し、その後商品の購入などのアクションに至った数のことを指します。

間接コンバージョン:ユーザーが再度来訪しアクションした数

ユーザーがサイトに来訪し、何もアクションを起こさずに離脱。その後、なんらかの形で再度来訪し、アクションを起こした数が間接コンバージョンです。間接コンバージョンは、潜在ユーザーの獲得チャンスとなる数値なので、潜在ユーザーへの対策を練るとコンバージョン率は上がります。    

総コンバージョン:すべてのアクションの回数

すべてのコンバージョンの総数のことで、1人のユーザーが2つの商品を購入した場合、総コンバージョン数は「2」となります。

ユニークコンバージョン:ユーザー単位のアクション数

ユーザー単位のコンバージョン数のことで、1人のユーザーがサイト内で2つの商品を購入した場合、ユニークコンバージョン数は「1」となります。

コンバージョン率を計算する方法

コンバージョン率を計算する人

コンバージョン率を計算する人

コンバージョン率(CVR)は自分で計算する方法と、Googleアナリティクスや広告の管理ツールなどを利用する方法があります。各方法について解説しましょう。

自分で計算する方法

コンバージョン率は、コンバージョン数とセッション数(サイト訪問数)で割り出せます。
【コンバージョン率(%)】=(コンバージョン数)÷(セッション数)×100
1ヵ月の商品購入数(コンバージョン数)が10で、サイト訪問数(セッション数)が1000だった場合
「10÷1000×100=1」で計算でき、コンバージョン率は1%となります。

ツールを使用する方法

その他でコンバージョン率を割り出せる方法は、Googleアナリティクスや広告の管理ツールを利用する方法です。Googleアナリティクスは登録後、目標を設定するだけで簡単に計測できます。広告の管理ツールは、Googleが運営する「Google広告」などのプラットフォームを利用してコンバージョン率が確認できます。
どちらも簡単にコンバージョンの推移を確認できるので、あると便利でしょう。

コンバージョンの平均値と率を上げる方法

コンバージョン率増加の文字とイメージ

コンバージョン率増加の文字とイメージ

コンバージョン率を上げるためには数値の推移を把握し、サイトの内容を見直して改善する必要があります。コンバージョン率を上げるにはどのような対策を取れば良いかを解説していきます。

コンバージョン率の平均値とは

コンバージョンの内容や種類にもよりますが、だいたいは1%が目安です。広告であれば2%、有名ブランドになれば3%、商品のセールをすると10%以上に上がることも。また、BtoCよりもBtoBの方が平均コンバージョン率が高くなりやすい傾向にあります。
しかし、サイト運営の目的や内容によって率は変わってくるので、一概には言えません。

日々の推移を把握する

コンバージョン率を上げたいのであれば、まずはコンバージョン率を把握し、細かな改善と評価を繰り返す必要があります。日々の数値変動を見ながら、効果的な対策を取っていくとコンバージョン率は確実に上がっていくでしょう。

サイトの目的とターゲットに沿った内容か確認する

ターゲットにアクションを起こしてもらうなら、サイトの目的を明確化させ、ユーザーの欲求に沿ったサイトコンテンツを考えていく必要があります。
例えば、ユーザーが可愛くてポップな広告に興味を示して来たのに、ウェブサイトはシンプルで大人向けな雰囲気であったり、男性向けだと言いながら女性の画像が多く使われていたりなど、ユーザーが期待したものとかけ離れた内容の場合はコンバージョンにはつながりません。ターゲットがどのようなものを求めているのかを追求することが大切です。

サイト内の導線配備を見直す

コンバージョン率を上げるには、すぐに離脱されないようなサイト作りが重要です。例えば、インパクトのあるキャッチコピーを見やすいところに配置したり、余計な広告は排除したりするなど。また、ユーザーの選択肢やサイトイメージのギャップがある場合は離脱しやすいので注意が必要です。
その他、ユーザーがスムーズにアクションできるよう、分かりやすくシンプルなサイトであり、ユーザーを誘導するような設計になっているか確認しましょう。

アクションを起こすハードルを下げる

アクションのハードルを下げて、ユーザーが行動を起こしやすくすることも重要です。例を挙げると、コンバージョン率は資料請求が無料か、有料かでも変動します。また、ワンクリックで簡単に資料請求できたり、購入できたりなど簡単にアクションを起こせる工夫をするのもポイントです。

ユーザーの滞在時間を伸ばす施策を練る

ユーザーの滞在時間が長いとコンバージョンにつながりやすくなります。魅力的なコンテンツを作るのはもちろんのこと、動画や漫画などユーザーの滞在時間を長くする方法を取り入れてみてください。ユーザーの目を引くコンテンツを取り入れることで、コンバージョン率の上昇を狙えるでしょう。

コンバージョンとはを理解して数値の底上へ

コンバージョン率が上がった図

コンバージョン率が上がった図

コンバージョンは、目標とするものに対してユーザーがアクションを起こした数であり、目標を達成するためには欠かせない指標です。コンバージョン率を割り出し、日々の推移を見ながら改善と評価を繰り返して、数値の底上げを狙いましょう。
しまち(スマートメディア CMS事業部ライティングディ...

しまち(スマートメディア CMS事業部ライティングディレクター)

コンテンツマーケティングのためのメディアサイト構築をライティングディレクターとして支える。担当する企業は美容系、恋愛系などのSEO記事。これまで、ファッション・芸能・お酒など多くのメディアに携わってきた。現在、0歳と3歳の育児に奮闘中。食べることが大好きで、日々美味しいラーメン屋を探索中。
1 件

関連するオウンドメディアLab

サイトイメージに合ったフォントの見つけ方。選び方と設定時の注意点について解説

サイトイメージに合ったフォントの見つけ方。選び方と設定時の注意点について解説

ロングテールキーワードはSEOに効果的。選び方やメリット・デメリットを解説

ロングテールキーワードはSEOに効果的。選び方やメリット・デメリットを解説

SNSの種類とそれぞれの特徴とは。マーケティングに有効なSNSを見つけよう

SNSの種類とそれぞれの特徴とは。マーケティングに有効なSNSを見つけよう

ドメインとは|初心者でも分かる基礎知識と取得方法。注意点も合わせて解説

ドメインとは|初心者でも分かる基礎知識と取得方法。注意点も合わせて解説